甘酒ダイエット

甘酒はいつ飲む?美容のための効果的な飲み方やタイミングを解説!

甘酒いつ飲む?効果的なタイミング

近年、甘酒の健康効果やダイエット効果が注目されています。

でも、せっかく甘酒を飲むのであれば、効果的なタイミングで飲みたいですよね?

 

実は甘酒は100ml程度の少量であれば、いつ飲んでも大丈夫です。

血糖値が高い24名の成人に1本118mlの甘酒を毎日3本、4週間かけて飲んでも、体重、体脂肪、空腹時血糖に変化はなかったとされる研究結果が出ています。

→【1ヶ月毎日甘酒を飲み続けた結果!

 

ただ、甘酒にはもちろんカロリーがあるので、夜寝る前に飲むのはオススメ出来ません!

栄養補給のために飲むのであれば、体にエネルギーが足りていない朝に飲むのが良いです。

 

また、ダイエットのために飲むのであれば、食事の1時間前に飲むことをオススメします。

甘酒中のブドウ糖は素早く吸収されるので、飲んだ後30分程度で血糖値が上がります。

血糖値が上昇している時は空腹感が大きいので、食べ過ぎる傾向にあります。

 

甘酒を飲んだ後1時間くらい経って食欲が落ち着いた頃に食事を開始すると、食べ過ぎることがないのでダイエット効果が見込めますよ!

 

さらに、美容のために飲むなら、栄養価の高い甘酒を飲みたいですよね。

一日一善 黒甘酒なら、高い抗酸化作用を持つポリフェノールたっぷりの黒豆を含み、33種類の雑穀米が入って美容にも良いです。

→【一日一善 黒甘酒の公式サイトを見る】 

 

 

この記事では、甘酒を効果的に飲むタイミングを解説したいと思います。

→【甘酒は健康効果がいっぱい!

→【甘酒の栄養成分を解説!

甘酒を飲むタイミングはいつでも大丈夫!

甘酒は基本的にいつ飲んでも大丈夫です。

目安はコップ一杯分の200ml程度です。

甘酒の種類にもよりますが、甘酒100mlに含まれるカロリーは約80~100kcal程度です。

おにぎり100gで180kcal程度ですから、コップ1杯の甘酒でおにぎり一個分くらいのカロリーになります。

甘酒は健康に良い飲み物ではありますが、低カロリーではないので、飲みすぎには注意が必要です。

甘酒ダイエットをするなら朝と食前に飲む

先程も説明した通り、甘酒は決して低カロリーの飲み物ではありません。

ダイエットのために甘酒だけ飲んでお腹を膨らませたりすれば、カロリーオーバーになってしまいます。

また、夜寝る前に飲むと消化吸収しきれず、太る原因にもなってしまいますよね。

そこで、甘酒を飲んで太らないようにするのであれば、朝飲むことをオススメします。

朝食の代わりに甘酒を飲んで、忙しい朝の活力にしつつ、空腹感を感じさせないようにして食べ過ぎを防ぎます。

おにぎりなどの炭水化物だけを摂取するより、甘酒でカロリーを取りつつ栄養成分も取り入れたいですよね。

また、飲むタイミングとしては、食事の1時間前が望ましいです。

これは血糖とインスリンが関係しています。

腸から体内に吸収された糖分はブドウ糖に分解され、速やかにエネルギーとして燃焼されます。

しかし、ブドウ糖が多すぎると血糖値も高くなり過ぎるため、インスリンが分泌されます。

インスリンは余ったブドウ糖を貯蓄出来る糖であるグリコーゲンと脂肪に変えて、体に蓄える働きをします。

このインスリンは食欲も刺激するんですよね。

つまり、甘酒を飲むと糖分を分解しようとインスリンが出ますので、食欲も増進してしまいます。

これにより食べ過ぎる可能性が出るので、ダイエット中の方は注意が必要なのです。

栄養補給するなら飲むタイミングは気にしない

甘酒の健康効果を期待して、栄養補給をするなら飲むタイミングは特に気にしなくても良いと思います。

普段の生活の食事に加えて、甘酒をコップ一杯飲むだけで様々な効果が期待出来ます。

  1. 疲労回復
  2. 腸内環境改善
  3. ストレス軽減
  4. ダイエット効果
  5. 美肌・アンチエイジング効果

などの効果が期待出来るとされています。

特に腸内環境を整えることで、便秘の改善が出来たり、間接的な美肌効果も期待出来ます。

甘酒を効果的に飲むタイミングは食前

以上でお伝えしてきた通り、甘酒を飲むタイミングはそこまで気にする必要がありません。

「朝飲めば一日を元気に!」とか、「夜飲めばより吸収力がアップ!」なんて効果もないので、気にせず飲んで大丈夫です!

ただ、しいて言うのであれば食前1時間で飲むと良いでしょう。

そうすれば、甘酒を美味しく飲めますし、食べすぎになることもないので、より健康的な飲み方が出来ると思います。

あなたも試してみて下さいね!