甘酒と糖尿病

米麹甘酒のGI値は50以下と低い!血糖値は急激に上がらないという研究結果が!

甘酒のGI値は50以下と低い!

甘酒はダイエットに良いとされていますが、GI値(グリセミックインデックス)は高いのでしょうか?

 

GI値とは、糖質を取った後の血糖値上昇の程度を表したものです。

→【血糖値上昇がヤバい食品・ゆるやかな食品まとめ

 

低GI値の食事を紹介!糖尿病とGIの関係を知って血糖値上昇を予防
低GI値の食事を紹介!糖尿病とGIの関係を知って血糖値上昇を予防糖尿病の治療や予防には血糖値やカロリーに気をつけるべきであるというのが常識ですよね。 しかし、実は「食後に上昇する血糖値の度合い」...

 

甘酒の正確なGI値は算定されていませんが、甘酒は発酵食品なので、ヨーグルトやチーズといったGIが50以下の食品と同程度と考えられているようです。

シドニー大学の見解では、GI値が50以下の食品は低GIとされています。

 

発酵食品である甘酒はGIが低いとされていますので、そこまで心配する必要はないようです。

 

もちろん、ブドウ糖が含まれているので、糖尿病や糖尿病予備群の方は飲み過ぎには注意が必要ですが、甘酒には血糖値を下げる働きがあるイヌリンなどの食物繊維が含まれています。

イヌリンが含まれていることにより、インスリンの過剰な分泌を抑制することも期待されているようですね。

(参考文献:甘酒が血糖値と血中インスリン値に及ぼす影響 著者:住吉和子)

 

糖尿病の方は甘酒を飲んでも大丈夫なのか、心配になる方もいらっしゃると思います。

→【糖尿病の人は甘酒を飲んでも大丈夫?

 

甘酒も糖分を含んでいるので、飲みすぎには注意ですが、血糖値を急激に上げない飲み方などもありますので、飲み過ぎなければ糖尿病の方も飲めると思います。

 

さらに、八海醸造株式会社の研究では、トクホで義務付けられた試験である「過剰摂取試験」を、麹甘酒で行った方法があります。

 

血糖値が高い24名の成人に1本118mlの甘酒を毎日3本、4週間かけて飲んでもらったところ、体重、体脂肪、空腹時血糖に変化はなかったとされています。

一日に354mlの甘酒を1ヶ月飲んでも太らず、血液検査でも異常が出なかったのは凄いことですよね。

→【甘酒を毎日3本飲んでも太らない

 

また、甘酒には美髪、美肌のような美容効果もあります。

甘酒の健康効果や効能
甘酒とは?体に良い健康効果や栄養成分を解説!あなたは甘酒とはどんな飲み物か知っていますか? その名の通り「ちょっと甘いお酒」という認識でしょうか。 実は甘酒にはビタミン...

→【”飲む点滴”甘酒の健康効果

→【コウジ酸の美肌効果

 

美容に良い甘酒なら、黒甘酒をオススメします。

一日一善 黒甘酒には高い抗酸化能力を持つポリフェノールをたっぷり含んだもち黒米が入っています。

→【一日一善 黒甘酒の公式HPを見る

 

甘酒は太りにくく、美容にも良い飲料なんですよね。

この記事では、甘酒のGI値について解説したいと思います。

 

甘酒は太る?GI値(グリセミックインデックス)とは?

 

そもそも、GIとは何でしょうか?

(インデックスが”値”の意味なので、GI値ではなくGIが正しい表現だと思います。)

文献を引用して説明します。

 近年,食後高血糖の抑制が糖尿病の予防と治療,ならびに合併症の予防に重要であることがわかり,食事療法にGI の概念を導入することの必要性が明らかにされている。

また,空腹時の血糖値が問題なくても食後血糖が高いと心筋梗塞のリスクになることも提示されている。

GI(Glycemic Index)は一定量の糖質を摂った後の血糖値の上昇の程度を相対的に表しており,血糖値上昇能の指標として用いられているが,糖質の量のほか,糖の種類,他の食品成分,調理・加工などの影響を受けており,GI を低くできる食べ物や食べ方を把握しておくことは大切だと考える。

(引用文献:杉山みち子,若木陽子,小山和作(2002),グリセミック・
インデックス,「新しい糖尿病の食事・栄養療法」,細谷憲政,
馬場茂明監修,チーム医療,東京,pp. 101―109)

 

つまり、食べ物を制限して糖分を抑えるだけでなく、血糖値の上がり方にも注意して、食事の「質」を重視する必要があるということですね。

健常者はGIまで気にする必要はないかもしれませんが、糖尿病の方や糖尿病予備群の方にとっては重要な指標になります。

 

甘酒のGI値は算定されていない

 

今後の糖尿病治療に役立つGIという概念ですが、甘酒のGIはまだ算定されていないようです。

ブドウ糖が含まれているので、GIは高くなりそうですが、上記のようにGIは調理法や加工法によっても影響を受けます。

甘酒は食物繊維が豊富に含まれており、インスリンの過剰な分泌を抑えると考えられていますし、甘酒は発酵食品なので、ヨーグルトやチーズといったGIが50以下の食品と同程度と考えられているようです。

シドニー大学の定義では、55以下の食品は低GI食品。

(引用文献:https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/glycemic-index/)

 

 

甘酒のGI値は不明だがダイエット食品になる

 

以上のように、甘酒のGIについてはまだ議論の余地があるようです。

しかし、他の研究では甘酒を毎日4週間摂取しても、血糖値は上がらなかったとされています。

→【甘酒を毎日3本飲んでも太らない

 

甘酒のGIは設定されていませんが、1ヶ月間毎日甘酒を飲んでも血液検査に異常はなかったそうです。

ただ、糖尿病の方や糖尿病予備群の方にとってはブドウ糖の過剰摂取は病態悪化に繋がりますので、気をつけて下さいね!

オススメの米麹甘酒:「一日一善 黒甘酒」

 

米麹甘酒でオススメなのが、「一日一善 黒甘酒」です。

→【公式ホームページを見る

 

砂糖・塩分不使用で食材本来の甘味で飲めます。

また、33種類の雑穀を使用しているので、栄養価も高いのです。

「飲む点滴」と言われる甘酒に雑穀米を混ぜることにより、美味しくて健康的な甘酒が誕生しました。

一日一善 黒甘酒-min
黒甘酒の特徴
  1. アルコール0.0%、砂糖・塩不使用
  2. もち黒米にはアントシアニンが豊富に含有
  3. 33雑穀が配合、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富!
  4. 「ヘルパー乳酸菌」と「ファインフローラ16」を含む17種3000億個の乳酸菌配合
  5. GABA 399g配合
  6. 金時生姜/えごまも配合
  7. 無添加、国内工場、国内契約農家生産の安心安全

→【一日一善 黒甘酒の紹介記事

 

麹甘酒で美味しく美容効果を高めませんか?