甘酒と糖尿病

米麹甘酒のカロリーは高い?100gで約80~100kcalくらい

米麹甘酒のカロリーは高い?-min

「飲む点滴」と言われ、健康に良いとされている甘酒ですが、その甘さからカロリーが高いと思われがちですよね。

甘酒も米麹で作った米麹甘酒と、酒粕で作った酒粕甘酒では成分やカロリーの高さが違います。

一般的に、酒粕甘酒は酒粕に砂糖を加えて作った甘酒なので、カロリーが高くなる傾向にあります。

対して、米麹甘酒は麹菌の酵素で米をブドウ糖に分解するので、砂糖をそこまで加えなくても甘さを引き出すことが出来ます。

米麹甘酒の方が、カロリーも少なく健康効果も期待出来るので、最近は米麹甘酒を飲む人が増えています。

→【甘酒は健康効果がいっぱい!

→【甘酒の栄養成分を解説!

→【米麹甘酒のこうじ菌の魅力

しかし、健康のためにも甘酒を飲むのであれば、そのカロリーは気になるところですよね。

米麹甘酒のカロリーは100g辺り80kcal程度、酒粕甘酒は100g辺り200kcalとされています。

200kcalって結構ですよね…。

文献を調べてみると、八海醸造株式会社の公表している数値としては「麹だけで作った甘酒」は100gあたり105kcalとされています。

おにぎり1個100gで179kcalくらいなので、ちょうどおにぎり半分くらいのカロリーだと思えば良いでしょうか。

八海醸造:米麹だけで作った甘酒はハイカロリー

 

八海醸造株式会社は「麹甘酒に含まれる成分について 著者:倉橋・小黒」という研究論文で、「米麹だけで作った甘酒」の詳細な成分調査を行っています。

米麹だけで作った甘酒

今回は詳細な成分分析は必要ないので、カロリーだけに絞って考えてみます。

同論文では、米麹だけで作った甘酒は100gあたり105kcalとされています。

日本食品標準成分表では100gあたり81kcalとされているので、やや高めのカロリーになっております。

日本食品標準成分表が、どのような成分の甘酒を想定して計算してるのかはわかりませんので、この値もそこまで信頼出来る数値ではないような気もします。

ただ、牛乳は67kcal、豆乳は46kcalとしているので、あながち間違ってはいないかもしれませんね。

豆乳などに比べると、甘酒は糖分が入っているので、カロリーは当然高くなるでしょう。

森永の甘酒のカロリー比べてみた

そこで、他の市販されている甘酒のカロリーと比べてみました。

甘酒好きなら一度は飲んだことがあると思います、「森永の甘酒」です。

森永 甘酒

なんと、森永の公式ホームページでの公表によれば、100gあたり59kcalだそうです。

森永の甘酒って、結構甘いからかなりカロリーが高そうでしたが、意外とそうでも無いんですね(笑)

森永さん、失礼しました。

「米麹だけで作った作った甘酒」より、森永さんの甘酒の方がカロリーが少ないなんて。

それも半分程度だったのは驚きです。

森永の甘酒は酒粕と米麹で作った甘酒みたいなので、1%未満ですがアルコールが入っているようですね。

米麹甘酒でもカロリーは高い

以上のように、米麹で作った甘酒でも、カロリーはどうしても高くなってしまうようです。

ブドウ糖が入っていることにより、糖分の吸収が速やかなのは甘酒の特徴ですが、その分血糖値上昇によるインスリン分泌が多く、空腹感も感じやすいのです。

甘酒を飲んだことにより空腹感が増し、食べ過ぎになることも多いので注意したいですね。

→【血糖値を上げない甘酒の飲み方

ただ、糖尿病などを患っていなければ、甘酒を常識の範囲内で飲んでいれば太ることはありません。

→【1ヶ月毎日甘酒を飲み続けた結果!

→【甘酒のGI値は低い?

1ヶ月毎日甘酒を飲んだ研究では、体重は増加しなかったという結果が出ています。

毎日大量に甘酒を飲まない限り、甘酒のカロリーはそこまで気にする必要はなさそうですね。