甘酒の基本知識

甘酒アレルギーはある?かゆみや蕁麻疹などの症状や改善方法は?

甘酒 アレルギー-min

甘酒アレルギーはあるのでしょうか?

一般的に甘酒でアレルギー症状が出るという話は聞いたことがありません。

ただ、甘酒に含まれる酒粕でアレルギーが生じる可能性はあると思います。

甘酒には米麹だけで作った米麹甘酒と、酒粕で作った酒粕甘酒があります。

米麹甘酒にはアレルギーになる要素がないので、甘酒を飲んでアレルギー症状が出たのだとすれば酒粕甘酒を飲んだ際にアルコールか酵母に対してアレルギー症状が出たのではないでしょうか?

酒粕甘酒には製品にもよりますが、数%アルコールが含まれています。

アルコールで肌が赤くなるなどの症状が出る方は注意が必要です。

また、酵母が原因でアレルギーが起こる場合もあります。

この記事では、酒粕甘酒でアレルギーが起こる可能性について検討しました。

甘酒を飲むのであれば、アルコール0%の米麹甘酒が良いですね。

→【甘酒は健康効果がいっぱい!

→【甘酒の栄養成分を解説!

酒粕甘酒のアルコールが原因でアレルギーになる?

 

アルコールによって身体が痒くなるなどのアレルギー症状が出る方がいらっしゃいます。

体内でアルコールを分解する酵素である、アルコール分解酵素の無い方であれば、アセトアルデヒドが増加して、アレルギー症状が発生する場合があります。

アルコールアレルギーの場合、蕁麻疹(じんましん)、かぶれ、くしゃみ、喘息(ぜんそく)などの症状が出ます。

これらの症状が出た場合はアルコールアレルギーを疑いましょう。

酒粕甘酒の酵母が原因でアレルギーになる?

 

酵母を含んだ食品によってアレルギー症状が出る方もいらっしゃいます。

パン、ビール、味噌、酒粕など、特定の酵母製品でアレルギー症状が発症します。

酵母アレルギーの場合、かゆみ、むくみ、腫れ、頭痛などの症状がみられるようです。

重症化すると、アナフィラキシーショックを起こす場合もあるようなので、注意が必要です。

甘酒でアレルギーにならないためには?

 

残念ながら、アレルギーを予防することはほとんど不可能です。

唯一の対処法としては、アレルギーを起こす食品に触れないということ。

アルコールや酵母でアレルギーの心配がある方は酒粕甘酒は飲まないようにするしかありません。

甘酒を飲むのであれば、米麹甘酒を飲みましょう。

米麹甘酒は健康にも美容にも良い成分が沢山含まれていますよ。

→【コウジ酸の美肌効果

→【甘酒の美容効果を解説!美肌や美髪効果もある!

 

美味しく美容効果を高めるオススメの甘酒

 

米麹甘酒でオススメなのが、「一日一善 黒甘酒」です。

→【公式ホームページを見る

砂糖・塩分不使用で食材本来の甘味で飲めます。

また、33種類の雑穀を使用しているので、栄養価も高いのです。

「飲む点滴」と言われる甘酒に雑穀米を混ぜることにより、美味しくて健康的な甘酒が誕生しました。

黒甘酒の特徴
  1. アルコール0.0%、砂糖・塩不使用
  2. もち黒米にはアントシアニンが豊富に含有
  3. 33雑穀が配合、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富!
  4. 「ヘルパー乳酸菌」と「ファインフローラ16」を含む17種3000億個の乳酸菌配合
  5. GABA 399g配合
  6. 金時生姜/えごまも配合
  7. 無添加、国内工場、国内契約農家生産の安心安全

→【一日一善 黒甘酒の紹介記事

 

 

アレルギーの心配が少ない、米麹甘酒で美味しく美容効果を高めませんか?